台湾風俗好き駐在員の夜遊びと小姐出会い日誌

台北のカラオケやマッサージなど、夜の風俗スポットをご紹介。

台北から台中への移動方法(新幹線・鈍行・バス・飛行機)

f:id:skybro123:20180119235422j:plain

台湾の台北から台中に行く方法は沢山あります。今回は様々なルートを検証し、一番最適な方法を探っていきたいと思います。

台北から台中へ新幹線で移動

台湾国内には高速鉄道(新幹線)が開通しているため、台北から台中への移動が非常に便利です。新幹線のチケットは駅窓口や自販機をはじめ、インターネットやコンビニ等で予約する事が出来る為、中国語を流暢に話せなくても購入することが出来ます。(インターネットは日本語表記あり)

料金はネット上で、10%割引で630台湾ドル(2300円程)ですが、1600円程で購入できるとの情報もあるので、比較的安価で移動できます。

所要時間は47分で着くものから1時間04分かかるものまで様々ですので、時刻表を確認しておくことをおすすめします。

 

新幹線利用のデメリット

新幹線を利用する点でのデメリットは、到着駅が台中市内から少し離れている事です。(約9Kmほど)これを除くなら、新幹線を利用しない理由が見つかりません。

 

新幹線以外(ローカル列車)で移動

もちろん新幹線以外にも、列車は存在します。早いもので1時間36分程度、遅いもので3時間17分程所要時間を要しますが、値段は新幹線に比べてだいぶ安い価格設定になっています。(887~1380円程度)

新幹線以外の列車を利用する場合、台中市内に直接到着するので、非常に便利でしょう。

 

台北から台中へバスで移動する

多くの方が利用されるのがバスです。

台湾では様々な会社が高速バスを運行し、そのサービスを売りにしています。

その中でも特に「阿羅哈客運」と「和欣客運」が素晴らしく、一度乗ると次回も利用したくなることでしょう。

値段は300台湾ドル程(1102円)で、非常に安価な価格設定になっています。所要時間も2時間程度と新幹線よりも時間がかかりますが、乗った方のレポートによると新幹線よりも快適との事ですので、台中市内に直接アクセスできるという点では、かなりのメリットがあります。

もちろん利用するバス会社によって価格は異なりますので、初めての方は実際の体験談などを参考にして選択される事をお勧めします。

 

バス旅のデメリット

唯一のデメリットは、乗車時に若干中国語に通じる必要があるという点ですので、中国語が分かる人と乗車するか、事前に付近の人と友達になる事で乗車をスムーズに行うことが出来ます。

 

台北から台中へ飛行機(国内線)で

台北から台中を航空機で移動する事も可能ですが、2017年現在直行便は運行されていません。よって、台北松山空港から一度離島の馬公空港へ行き、乗り継いで台中空港へ行くというイメージなり、運賃・所要時間を考えると圧倒的に新幹線かバスという選択になります。

 

まとめ

台北から台中までの距離は約180キロほどになり、意外と近いのが特徴です。日本のイメージと異なり、新幹線の切符が格安で入手できることからもかなり魅力的であるに違いありません。

しかし、単に旅行を楽しみたいという目的であれば、バスやローカル列車を利用するのも十分価値があると言えるでしょう。

 

いずれにしても、早めに計画をする事で定価よりも安く切符が入手できる可能性があるので、最新の情報に通じておきたいものです。