台湾風俗好き駐在員の夜遊びと小姐出会い日誌

台北のカラオケやマッサージなど、夜の風俗スポットをご紹介。

台湾の外国人でも口座開設可能なオンラインバンキング対応銀行まとめ

f:id:skybro123:20180119152412j:plain

台湾で生活するにあたって、必要になってくるのが現地での銀行口座開設です。台湾ドルでの資金運用は利子も高く、日本に比べてメリットもありますし、オンラインバンクを利用すれば日本からでもアクセスできます。今回は現地での開設方法・必要書類・ポイント等を簡単にまとめてみました。

台湾の大手銀行一覧

まず疑問なのが、「どこの銀行を選べばいいの?」という点です。

 

台湾銀行

台湾最大手の銀行で、両替レート等はすべてこの銀行が基準になっています。

中国信託銀行

現地セブンイレブンにあるATMが中国信託銀行であり、多くの日本人も利用しています。

台北富邦銀行

外貨口座を開設可能な大手銀行になります。

兆豐銀行

兆豊銀行の特徴は外貨両替のレートが優れている為、両替の際にメリットありです。

彰化銀行

海外送金の際、比較的金額が大きい場合に、レート交渉が可能な貴重な銀行です。

合作金庫銀行

法人口座の場合ですが、オンラインバング利用時に、1日あたりの送金限度額が300万(台湾ドル)までと他行より条件が非常に良いのが特徴です。

 

この中でも、初心者でも比較的解説しやすい中国信託銀行がオススメです。

 

開設手順・必要書類

現地で銀行を開設するにあたって必要な書類は以下の通りです。

  1. パスポート
  2. 日本の公的証明書(運転免許証など)
  3. 中華民國統一證號基資表 (台湾版マイナンバー)
  4. 住所・電話番号(台湾現地の住所)
  5. 入金用のお金(1000元以上)

 

中華民國統一證號基資表とは?

現地での口座開設に当たり一番気になるのが中華民國統一證號基資表という資料ですが、以下の資料をそろえる事で、日本人でも簡単に取得できます。

  1. パスポート
  2. パスポートのコピー
  3. 台湾の電話番号
  4. 申請書(申請場所にて記入)

これらをそろえて、内政部入出国及移民署で書類を取得します。

この書類が無いと、台湾では銀行口座開設が出来ませんので、まず初めにこの項目を済ませるようにしましょう。基本は英語と中国語でのやり取りとなりますので、ある程度言語力が必要になる事を覚えておいてください。

 

開設方法

書類が揃ったところで銀行に赴き、口座開設手続きに入るわけですが、やはり需要となってくるのは、開設する目的をはっきりしておくことです。

香港や中国・台湾に共通している点として、支店・銀行員によって対応が異なるために、開設できる場合と出来ない場合がある事を覚えておきましょう。

そこで、なぜ口座を開設する必要があるのか?どうしても必要との硬い決意を銀行員に伝える必要があります。失敗したり、相手が冷たい反応であっても諦めないようにしましょう。

 

ネットバンクの開設

ネットバンクを開設する方法として、

  1. 口座開設時に一緒に申し込む。
  2. 後から別途申し込む。

この2種類がありますが、基本的に開設時に担当からネットバンクを利用するかどうかは聞かれないために、自分からアクションを起こしていかないと開設出来ない傾向にあります。 

「我要开户」     口座開設をしたい。

「我要开网银」  ネットバンクを開設したい。

この2フレーズだけは覚えておきましょう。

 

まとめ

台湾には日本人でも開設できる銀行が沢山存在し、台湾ドルを使った海外資産運用は、長期的に見ればメリットもあります。

口座開設の際には、中華民國統一證號基資表さえ取得できれば後は比較的スムーズに手続きが進む事でしょう。

また、口座を開設する理由をはっきりさせておくことで、より短時間で澄ませる事が可能です。