台湾風俗好き駐在員の夜遊びと小姐出会い日誌

台北のカラオケやマッサージなど、夜の風俗スポットをご紹介。

中国と台湾で利用されている言語の違いについて

f:id:skybro123:20180119144253j:plain

中国語圏というと、中国本土・台湾・香港をイメージしますが、実はそれぞれで異なる言語を使っていることをご存知でしょうか?今回は、中国語圏で利用されている言語について詳しく解説していきます。

中国本土は北京語?標準語?

中国語の基盤となっているのは間違いなく標準語(普通话)であり、北京語に極めて近い事からも、標準の中国語=北京語化してきています。

 

「中央政府の標準語政策により、北方語 の発音・語彙と近代口語小説の文法を基に作られた「普通話」 (pǔtōnghuà) が教育や 放送で取り入れられ、標準語・共通語とされている。」          - Wikipediaより

 

このような解説がなされています。

 

もう少し詳しく言うならば、中国に住むすべての人がこの標準語を話せるわけではなく、話すように教育されているというのが事実です。

 

無論標準語を不自由なく話せる人もいれば、聞き取れるだけの人・全く出来ない人もいます。

 

もともと北京付近(中国北方地方)の人は生まれた時から綺麗な標準語を話せる傾向が強く、中国南方地方(特に広東圏)では広東語が自分の育った言語として定着し、意図的に北京標準語を学ぶ傾向にある為に、彼らにとっての母語は広東語であり、北京標準語ではありません。

 

広東語は発音や聞いたイメージも全く北京標準語と異なることから、全く違う言語として認識する必要があります。

 

 

台湾の中国語は北京標準語か?

台湾には、中国国内のように様々な方言が存在しますが、基本的には中国国内で標準化されている北京標準語が公用語として用いられています。その傾向は台北付近で最も強く、南下すればするほどその傾向も弱くなります。

 

しかし、台湾には台湾独特の北京標準語が使われており、

 

  1. 一部表現が違うパターン
  2. 発音の仕方が若干違うパターン
  3. 簡体字が繁体字化されているパターン

 

計3つのパターンが存在し、独特の中国語を話しているのが事実です。

つまり中国本土で伝わる中国語と、台湾本土で伝わる中国語は異なるという点を抑えておきましょう。場合によっては台湾中国語を中国国内で使うと恥ずかしい思いをすることもありますので、違いをしっかりと見極める事が大切です。

 

まとめ

中国本土の北京標準語

国が話すように国民に呼びかけているいわゆる基準となる中国語を指すが、広東圏や多くの地方では広東語・方言が母語となり、意識的に標準語を学んでいる。

(字体は簡体字)

 

台湾人が話す中国語

地方により方言・台湾語がありながらも、全体的には北京中国語が公用語となっているが、その公用語自体が変化し、現地独特の北京標準語を形成している。(字体は繁体字)