台湾風俗好き駐在員の夜遊びと小姐出会い日誌

台北のカラオケやマッサージなど、夜の風俗スポットをご紹介。

台湾風俗で安全に遊ぶために初心者が知っておくべき事

f:id:skybro123:20180909140919j:plain

大の親日国家と知られている台湾ですが、日本からも当然数多くの企業が進出しています。駐在員の皆さんならご存知かと思いますが、日本人が多く住む台北には、日本人向けのカラオケが密集しているエリアがあります。

 

超安全!林森北路の台湾カラオケ(キャバクラ)

f:id:skybro123:20180909141128j:plain

おそらく多くの駐在員が仕事の付き合い、あるいはプライベートでお忍びで足繁く通っているのは林森北路のカラオケ街ではないでしょうか。

雰囲気は少しハノイの日カラエリア「ハイバーチュン(Hai Ba Trung)」と少し似ていて、タイ・バンコクのタニヤのように大声で呼び込みをしているような客引きというのはいません。夜でも周辺は割と静かで、日本のスナックすら彷彿とさせます。

ベトナム同様風俗の取締には厳しい台湾ですが、日本人駐在員向けのカラオケ街は海外で働く日本人の「憩いの場」という位置づけで、今もなお暗黙の了解のもと存続しています。

台湾にも風俗営業合法地区は存在しますが、林森北路はその区域に含まれません。が、日本人でも安全に遊べるお店が多いです。

上手に日本語を話すカラオケ嬢も

台湾のカラオケ(KTVとも)は、基本日本で言うところのキャバクラに相当するものなので、女の子たちもそれなりに日本語教育がされています。ネイティブ並に日本語を操る熟練もいれば、たどたどしい日本語で話す新入りちゃんもいますので、お好みでお選びください。

※会話なんていらない、今すぐベッドインしたい!というせっかち方には、次に紹介する置屋マンションをオススメします。

国中から選りすぐりの美人が

f:id:skybro123:20180110144243j:plain

我が永遠のアイドル:ビビアン・スー

さてこちらの日系カラオケ、客層はそれなりに懐に余裕のある日本人を対象としていますので、料金設定並びに各キャストへのマージンも一般的な台湾国内の仕事と比べると働き次第ではそれなりの額になります。

夜の蝶には魅力的な外見というのは必要不可欠ですから、お店側もなんとかして美人を取り揃えています。台湾自体島国で人工もそれほど多くはありませんが、カラオケ一店舗取ってみてみても、台北以外の様々な都市から出稼ぎにやってきている娘が確認できるはずです。

 

 

カラオケ(KTV)で女の子と遊ぶ際の注意点

カラオケと聞くとなんだ健全なアソビなのかなと思われてしまいそうですが、台湾のカラオケでできることは日本のキャバクラよりお客さん優位なシステムと言えます。

 

中国同様KTVでの”アフター”は基本客次第なので、「アフターは嬢次第」の日本のキャバクラとはこの点のみ大きく異なります。ですので、「今夜アフターどう?」と聞く必要すらなく、指名と同時に「アフターOK!」というのが、ここ林森北路の台湾カラオケなのです。

※時と場合によっては一部女の子がアフターできない場合もあるので、指名前にママさんに確認しておこう!

 

f:id:skybro123:20180909140342j:plain

また、お店によってはきちんとお上に「みかじめ料」を上納していないなどの理由で、警察のガサ入れがあったりするので、あまりローカル向けのKTVには行かない方が無難です。言葉ができてママさんともきちんと意思疎通できる仲であれば問題ないかもしれませんが、トラブルに巻き込まれないという保証はありません。

ガサ入れがあった場合でも客がしょっぴかれることはありません。ただ身分証を見せろと言われることはあるかもしれません。念の為ID等は携行しておきましょう。

 

入店からラストまでの流れ

f:id:skybro123:20180909153430j:plain

  1. 部屋に通される
  2. ドリンクや食べ物を必要に応じてオーダー
  3. 女の子指名
  4. アフターするかどうかスタッフから聞かれる
  5. する場合はその料金も含めてお支払い
  6. 自分のホテルなどでチョメチョメ

 

 

カラオケの夜遊び相場

飲み放題… 1,500 TWD前後(約5000円)

お持ち帰り ショート / ロング… 7,000 / 9,000TWD(2万5千〜3万円)

ショート2~3時間

ロングは翌朝まで

 

言葉はいらない!台湾の置屋マンション

f:id:skybro123:20180909135848j:plain

香港141を経験済みの方なら説明は不要でしょうが、台湾にもフロア全部が女性待機のチョメチョメ部屋、という男なら一度はイッておくべき大人のアミューズメントビルディングがあります。

(香港141:下図のような真っピンクのネオンはありません)

f:id:skybro123:20180112153723j:plain

ヨーロッパでは「エロスセンター」だとか「ショーパーク」なんて言われ方もしますが、日本式に言えば「置屋」が一番近いかもしれませんが、香港のマンションと同じく、”入居女性”はみな個人営業ということになっていますですので、日本のソープ同様、管理売春ではなく、”自由恋愛”の延長的な言い訳名目で今なお存在しています。

台湾141はすべて時間制限あり

どこも30分間など限られた時間内に何発といった具合にシステム化されており、顔見せもドアベル(ピンポン)を押して出てきた嬢をチェックするといった感じで、パネマジだらけの日本のソープとは大違いです。

ですので、心置きなく自分の好みの子を探せますし、時間の指定も指もしくはスマホの電卓アプリだけでもなんとかなります。

一応はウェブサイトもあるのですが、ドメインがコロコロ変わるので、気になる方は自己責任で「tw.nightlife141」とでも検索してみてください。

 

台湾の置屋マンション遊び代相場

f:id:skybro123:20180909135832j:plain

どの”業者”もたいていは1回6000台湾ドルで広告を出していますが、時間ごとのプレイ料金は女の子によって異なりますし、プレイ内容も千差万別ですので、気になる方は141の公式サイトで事前にチェックしておきましょう。

当然、といえば当然ですが、日本では当たり前のいわゆる「パネマジ」も普通に横行していますので、写真が韓国アイドルっぽかったり、フォトショップ加工全開の写真などだったらまず疑ったほうが良いです。

どうでもいい話ですが、台湾人以外にも韓国人や中国本土から来ている女の子たちもいますので、その点要注意です。

要注意:台湾全土にこの手のマンションはあるのですが、完全個人間交渉なので、コミュニケーション不足から変なトラブルに発展しないよう気をつけましょう。

 

ドキッ年増だらけの台湾サウナ(非推奨)

f:id:skybro123:20180909141714j:plain

管理人が最も後悔した台湾の風俗形態ナンバーワン、サウナ。

中国本土には、東莞式サウナのように若い女の子による至れり尽くせりのサービスが受けられるサウナというものが存在しますが、ここ台湾には皆無です。

”サウナ”施設はありますし、ご飯も食べれるのですが、”若い女の子”が皆無なのです。

 

これはあってはならない事だと私は考えます。

 

マカオの金池のようなサウナを期待して入店してみたは良いものの、若い女の子が一人もいないではありませんか。

疲れたカラダをサウナでほぐし、マッサージを受け晩飯も済ませてさぁ本番、という海外ならではのオトコのアソビがここ台湾のサウナでは寸止め生殺し状態のまま帰宅せざるを得ないのです。

 

これはあってはならない事だと私は考えます。

 

怖いもの見たさでどうしてもというのなら、「金年華三温暖」「亞太三温暖」などGoogleマップで検索してみてください。

f:id:skybro123:20180909141435p:plain

レビューもなかなか感慨深いものがあります。

 

台湾サウナの料金相場

入場料がだいたい24時間滞在で600TWDと、一応一泊する事もできますが、個室ではありません。おそらく耳栓なしでは周りのおっちゃんたちのいびきで眠れない事でしょう。

本番料金はマッサージ含め70分で4000TWDと、BBAしかいない事を考慮するとコスパ最悪です。熟女専門であればパラダイスかもしれませんが、そうでない場合は行く価値はないでしょう。

 

超要注意!!台中には「亞當三温暖(アダムサウナ)」、台南には「綠館三溫暖」というゲイのハッテン場サウナが存在します。誤って足を踏み入れたが最後、ロスト☆ヴァージン間違いなし!

 

 

どこにでもいる立ちんぼと「WeChat営業」

f:id:skybro123:20180909141855j:plain

一番最初に説明した「林森北路」には、ハイエナのごとく毎夜カモがいないかと目を光らせている、BBAの客引きがおり、料金交渉などしてお互い合意すれば、そのままお店やホテルへ移動して女の子を手配してくれるという流れです。

タイのバンコクやパタヤで見かける「立ちんぼ」と違い、サービスをする女の子は立っていないため、BBA=立ちんぼと早とちりしてしまいがち。

もっとも、カラオケやサウナなどと違い検挙されやすい形態ですので、運悪く警察のガサ入れに遭遇してしまってもすべて自己責任です。

なので次に紹介するWeChat含め、初心者には個人営業(フリーランサー)の女性を買うことはあまりおすすめしません。

 

GPSでご近所フリーランサー検索

f:id:skybro123:20180909142444j:plain

中国ではもはや知らない人はいない出会い系 SNSアプリ「WeChat」には、「People nearby」というご近所検索システムが備えられており、ご丁寧に年齢と性別でフィルタリングできる機能まであるため、ほぼ出会い系アプリと化しています。

当然そんな便利なアイテム業者が見過ごすはずがありません。

なので、”特殊なマッサージ” を提供する女の子を派遣してくれるアカウントなんてものの2分で見つけられる事でしょう。

中には、外国人客にもわかるよう英語や日本語でやり取りできるところすらあります。

 

WeChatにはお金に困っている学生も…

f:id:skybro123:20180909142640j:plain

あ、これはいつぞやのマクド…

両親が貧乏で学費が払えない…。成績もそれほど良くないので奨学金も出ない…。

日本同様、経済的に行き詰まって”夜のアルバイト”に手を出す女の子ももちろんいます。最近はいちいち業者を頼らず自分でせっせと営業するなんてスタイルも珍しくなくなってきました。(まぁパクられたら人生終了しそうですけど…。)

それでもたまにとんでもない掘り出し物にぶち当たったりすることもあるので、きちんとリスク回避できる人ならばWeChatは利用しない手はありません。

 

>初心者はまず台湾語の勉強から!

(まずはここから!)やさしい台湾語カタコト会話帳

(まずはここから!)やさしい台湾語カタコト会話帳

 

 

個人営業の料金相場

だいたいはショート3~4000TWDからスタートし、値切り交渉を進めるといった感じです。ただとびきりの美女なんかだと当然お値段は上がっていきます。

時間を短くする、一部サービスを割愛するなどして安く上げたい人は、ご自身の交渉スキルを存分に発揮してください。

 

ヌキ専セクシークラブ「制服店」

f:id:skybro123:20180909153252j:plain

こちらは店内こそ日本人向けのカラオケ近しい造りなのですが、サービスは店内で行われます。内容的にはセクキャバとピンサロを足したようなイメージです。

顔見せはカラオケボックスっぽい個室で行われ、その中から気に入った娘を選びます。

その娘をとなりにつけ、飲んで歌って踊って最後は手でヌいてくれます。

逆に言うと手以上のサービスは基本不可なので、連絡先を交換して店外で…という流れが一番スマートでしょう。

 

日系のカラオケ(KTV)は店内では割とおとなしく飲むイメージですが、こちらはとにかく乱痴気騒ぎが許されるので、若者向けと言えます。

(KTVでもバカ騒ぎする若い連中はいますがw)

 

制服店の料金相場

基本はどこも60分で3000TWD程度です。日本と違い指名料はないので、それ以上のお金がかかるのはドリンクや食べ物をオーダー、もしくは嬢に手以上のサービスを交渉した場合となります。

 

ナイトクラブ 

f:id:skybro123:20180909153408j:plain

 

若者向けでもうひとつ。日本でも新宿渋谷とクラブはいくつもありますが、少子高齢社会台湾の首都台北にももちろんあります。ただ、英語や日本語ができる娘を見つけるのは少々難しく、ある程度現地の言葉ができないと苦労します。

もちろん見た目だけで勝負できるなら問題はありませんが、一般的には台湾の夜遊びでは一番難易度が高いと言って良いでしょう。

また、昼間はあまり見かけることのないレディボーイにもお目にかかることができます(^_^;)

台南にも赤崁東街という繁華街にクラブがたくさんありますが、日本語はまず通じないと思って良いでしょう。

 

台湾の女の子と会話するときの注意点

さて、台湾の新日ぶりにつけ込んで、現地でたくさんの女の子と仲良くなってやろうともくろんでいる方も少なくないと思います。同じく真の親日国であるインドネシアに赴任した時は毎日あそこが乾くヒマがありませんでしたが、ここ台北も日本人ブランドは健在です。

ですので、簡単な台湾語を覚えたらすぐにでも友達を作ってみるのが良いでしょう。

ただ、ひとつ注意してほしいのは、台湾では政治的な話や中国を話題にする時は最新の注意を払ってください。

香港と少し似たような歴史背景を持つ台湾、どちらも一部中国をよく思っていない人たちがいます。会話の中で「台湾は中国の一部なんでしょ?」など言おうものなら袋叩きに会うかもしれません(笑)

 

 

 

とにかく政治的な話題には触れないようにし、かつ中国の事についてもあまり意見しないようにしましょう。政治的に偏ってるなぁと思う娘でも顔が可愛ければうんうんと話を聞いているだけで良いのです。

 

変にインテリぶって反論でもしようものなら女の子との関係に歪みが生じてしまうかも。政治の話はどっかの掲示板かツイッターでのみするようにしましょう(^q^)

 

台湾風俗初心者はKTVへ行け

初心者のかたはいきなりローカル向けの風俗へ行ってもまず楽しめないと思いますので、日本人御用達のカラオケ店へ行くか、WeChat などで地道にネットナンパをしてみるのが良いでしょう。(金銭のやり取りをする場合は要注意)

 

141も場所と流れさえつかめれば日々のルーティンワークに組み込めますが、それでも最初はカラオケへ行って、台湾の夜の雰囲気を掴んでみてください。

最初はお金がかかってしまいますが、授業料だと思って投資してみてください。

だんだんもっと安く、もっとかわいい現地の娘と、、という具合に欲が出てくるはずです。

そのまま台湾語習得のモチベーションになるかもしれないし、長くナイトライフを楽しむきっかけになるはずです。

 

追記:台湾風俗は合法じゃないぞ

読者様から「台湾の風俗は合法ではないのですか」とコメントが寄せられたのですが、「性交易専区」というエリアを除き、売買春は台湾全土で完全非合法です。

また、皮肉なことに「性交易専区」で営業をしている風俗店などは皆無で、完全に形骸化してしまった制度です。シンガポールのゲイランのような地区は台湾には存在しませんので、今まで勘違いしていた人は認識を改めましょう。

 

台湾の出会い系はサクラだらけ!

夜のオトモダチを作って風俗アソビ卒業だ!というのが我々の一つのゴールとも言えますが、残念な事に台湾の出会い系はとにかくサクラが多いです。

他メディアではなぜか日系の出会い系を勧めているところも見ますが、台湾人がわざわざ日系の出会い系を見つけ出し登録などするでしょうか?

 

出会い系サイトについてはこのブログでもレビューはしていく予定ですが、現状WeChatのみで十分だと思います。

Tinderは課金しないとまず出会えないと思って頂いて大丈夫です。

 

Tinderやってる時間あったら語学の勉強でもしようか!