台湾風俗好き駐在員の夜遊びと小姐出会い日誌

台北のカラオケやマッサージなど、夜の風俗スポットをご紹介。

台湾到着!桃園国際空港に着いたらまずしておきたい事まとめ(両替・SIMカード・チケット購入)

 

f:id:skybro123:20180120122429j:plain

台湾桃園空港に到着してまずするべき事は、①両替②SIMカードの購入③市内までのチケット購入といったところでしょう。今回は、これらを空港内ですべて済ませる方法を紹介していきます。

両替は絶対に空港ターミナルでしよう

現地通貨を日本の空港で手に入れたい思いはありますが、一番お得なのは台湾空港で換金する事です。桃園空港には2つのターミナルがありいずれも換金ができますが、特にお勧めするのが、台湾銀行のATMを利用したクレジットカードキャッシングでの換金方法です。

クレジットカードに付帯している繰り上げ返済機能を利用することで、換金手数料を100円以下に抑える事ができ非常にお得です。

 

キャッシングと言っても、お金がない人が非常事態で利用するのとは全く異なり、既に返せる状態にあるのを前提で借りている為、キャッシング後直ぐに返済手続きを済ませる事で、普通の換金よりもお得に現地通貨を手に入れる事が出来ます。

 

SIMカードもついでに空港で入手

現地通貨が手に入った次は、SIMカードの購入です。

第一ターミナル・第二ターミナルで購入場所が異なりますが、

  1. 第一ターミナル:荷物受取場から到着ロビーに出て右側。
  2. 第二ターミナル:荷物受取場から到着ロビーに出て左側出国ロビーの方へ回る途中の通路。

となっています。

 

通信会社は3社から選ぶ

様々な通信会社がありますが、主に3種類から選んでみましょう。

  1. 中華電信
  2. 台湾大哥大
  3. 遠傳電信

空港内には旅行者限定のプランが用意されており、3日~30日プランまで様々なものがありますが、特徴としてはどれも無制限で通信が可能である事です。

旅行者の場合はほとんど通信がメインになると思われますので、後は通話費用をどうするかです。沢山通話をする傾向にある方は、無料通話が沢山ついているプランを選択すると良いでしょう。

 

SIMカード購入時には、パスポート・身分証明書(運転免許証等)の提示が求められますので、事前に準備をしておきましょう。

 

フリーWifi登録ならSIMが不要?

もしかすると、SIMカードが不要という方もいるかもしれません。台湾には、外国人旅行者を対象としたフリーWifiネットワークが各地に設置されており非常に便利です。

 

このiTaiwanというサービスを利用するには、空港のサービスカウンターに行き、パスポートを提示する事で、登録が可能な非常に便利なサービスになっています。

カウンターのお姉さんも日本語が可能なので、空港に着いたらぜひ登録しておきたいサービスの一つです。

 

市内までのチケット購入は悠游カードで

両替と通信手段を確保出来たら、最後に市内までの移動方法を確保します。桃園空港から台北市内までは、MRTや空港バスなど便利な移動手段がありますが、これらを利用する前にまず現地で使えるICカードを確保する事が最優先になります。

 

台湾で圧倒的に普及しているのは悠游カードで、空港内の各所で入手できます。

 

①到着ロビー「桃園機場捷運服務」カウンター

②MRT(空港線)の窓口(詢問處)

③MRT(空港線)悠遊カードの自動販売機

 

自動販売機は日本語での表示も可能なので、言語面での心配が一切不要です。

なお自動販売機では100元デポジット+400元(計500元)のカードのみ購入できるので、現金を忘れずに用意しておきましょう。

 

MRT空港線を利用すれば、台北市内はもちろんの事、新幹線へのアクセスも非常に便利なため、台中や台南への移動もかなりスムーズに行うことが出来ます。

 

まとめ

台湾桃園空港に到着後はすぐに市内に移動するのではなく、空港内で換金・通信手段の確保・交通手段を解決する事が可能です。台北市内で確保する方が安くなる可能性もありますが、その差はあまり気にならない程度のものですので、初心者の方などあまり経験のない方は、まず空港内でこれらを解決し、快適な台湾旅行を楽しみましょう。